Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
~ 楽しく!賢く!スマート健康に! ~

Xサーバーで常時SSL & URLの正規化 をする方法

Sponsored Links


なぜだろう?SSL対応したはずなのに、実際SSL通信になってくれない、、、どうやらSSL証明だけできてて(SSL通信ができる状態にはなってて)だけども他のノンセキュアな通信もできてしまう状態らしい。。。

ということで今回は私の使用しているXサーバーにて、常時SSL対応とURLの正規化をしたときのレポートです。

URLの正規化とは?

グーグルさんはURLの表記として「www」の有り無し、「index.html」の有り無しが異なると、同一の別ページと認識してしまいます。

それらが原因でそのページの評価が分散してしまい、ミラーコンテンツと解釈されペナルティを受けてしまたりするケースがあります。

URLの正規化は、そのように解釈されるのを防止するために、検索エンジンに評価してもらいたいURLを統一する作業なのです。

 

当サイトの例でいうと

http ://www.sogokenko.com

http ://sogokenko.com/index.html

これらが別ページとして評価が分散、、、、されちゃあ困ります!!

おまけに上記はhttpsSSL通信でもなく、セキュアな通信でないサイトをグーグルさんは嫌います。

よってページのインデックス順位は下がる⤵下がる⤵

 

ということでURLを正規化 (https://sogokenko.comに統一リダイレクト) していきましょう!!

 

XサーバーでSSL通信を可能にする(SSL設定追加をする)

Xサーバーのサーバーパネルにログインして、画面左下の設定対象ドメインで正規化したいドメインを選択⇒画面右上【ドメイン】の項目の中のSSL設定を選択⇒SSL化するドメインを選択⇒独自SSL設定の追加を選択してサイトURLを入力し、独自SSL設定を追加する(確定) ボタンを押下⇒設定反映までに時間がかかるのでブレイクタイム(一時間ほど)⇒そののち、httpsの自サイトにアクセス、表示できれば完了です。

 

ワードプレスシステム上でのURLをhttpsへ変更する

ワードプレスのダッシュボード、管理画面へログイン設定一般WordPressアドレス(URL)サイトアドレス(URL)の2カ所をSSL通信URLで入力する

  • WordPressアドレス(URL) http://sogokenko.com ⇒ https://sogokenko.com
  • サイトアドレス(URL) http://sogokenko.com ⇒ https://sogokenko.com

※重要 この入力を誤ると管理画面にログインできなくなるので、URLの間違いがないか(スペースやら全角やらetc )3回以上確認してください。

あとは、変更を保存を押下します。

 

URLを転送(正規化)する設定(リダイレクト)を.htaccess(エイチティーアクセス)にてかける

Xサーバーサーバーパネルへ⇒.htaccess編集を選択⇒リダイレクト設定をかけるドメインを選択⇒.htaccess編集のタブを選択

編集画面に入るわけですが、、、

※重要 ここも入力を誤るとワードプレスが真っ白になりますので、事前にFTPソフトなどでバックアップをとってください。

あとは以下を入力します。

 

#「www」のあるURLを「www」なしのURLに正規化
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.sogokenko.com
RewriteRule ^(.*)$ http://sogokenko.com/$1 [R=301,L]

#「index.html」ありのURLをなしに正規化
RewriteEngine on
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ http://sogokenko.com/$1 [R=301,L]

# http→httpsに統一
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

赤文字のところにあなたのサイトのURLを挿入します。

この指示でwww有りも、index.html有りも、SSL無しも、すべてhttps://に統一転送されます。

 

もともと記載されているものと合わせると、全部で以下の記述となりました。

#「www」のあるURLを「www」なしのURLに正規化
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.sogokenko.com
RewriteRule ^(.*)$ http://sogokenko.com/$1 [R=301,L]

#「index.html」ありのURLをなしに正規化
RewriteEngine on
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ http://sogokenko.com/$1 [R=301,L]

# http→httpsに統一
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

# Xアクセラレータ機能の記述
SetEnvIf Request_URI “.*” Ngx_Cache_NoCacheMode=off
SetEnvIf Request_URI “.*” Ngx_Cache_StaticMode

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L] RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L] </IfModule>

# END WordPress

 

コードを入れたあとは.htaccessを編集する(確認)をクリックして完了。

実際にエラーなくhttp://wwwhttp://○○○.com/index.htmlからアクセスして、https://に転送されるのを確認してみましょう。

 

お疲れ様でした。今回のレポートはこれで終了です。

Sponsored Links