Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
~ 楽しく!賢く!スマート健康に! ~

仕事での記憶力強化の為に飲んだイチョウ葉が結果的に血液をサラサラにした!

この記事を読んでほしい方
▲記憶力を上げたい方
▲動脈硬化や高血圧を改善したい方
▲サラサラ血液で全身を美しくしたい方

Sponsored Links


とにかく仕事ができるようになりたかった

生命保険会社のコールセンターに在籍していた頃の話です。当時は記憶力がなく、頭の回転も悪く、そのうえ先輩の指示通りのセリフに従ってお客様と会話することもできず、とにかく給料泥棒な日々を送っていました。

当時はダブルワークもしていて睡眠不足。加えてこの頃からアレルギー性鼻炎を発症しだし、処方された薬のアレロックとポララミンの副作用でも眠気が襲います。

体を動かさないデスクワークという性質上、居眠りの日々。コールが積滞してすぐに次のコールを取る分には集中力は維持できるのですが、暇な日は1件コールをとるごとに集中力を切らし、問題を起こします。鼻水は止まらないので鼻炎薬は切らせず、もがくべく始めたのがイチョウ葉でした。

 

イチョウ葉の有効成分

イチョウ葉には様々な有効成分が含まれていますが、中でも特徴的なものに「ギンコライド」という成分があります。
ギンコライドは他の植物には存在しない成分で、イチョウ葉だけに含まれています。

血管を拡張する作用があり、血液の流れを良くするとともに、血小板が固まるのを防ぐ効果もあります。

このため、血栓を防いだり、毛細血管の保護や強化も期待ができると言われています。

さらには薬との併用が禁じられていますので、つまりその効果が裏付けられているのです。

 

イチョウ葉エキスの研究に関して

イチョウ葉抽出エキスには、脳の幹細胞(組織や臓器の成長する元となる細胞)を増やし、脳機能を活性化させる可能性があることが、中国の大学で行なわれたラットの研究により明らかとなりました。
ラットの痴呆症に対し、エキスの投与が開始されてから1ヶ月後に幹細胞成長のピークが起こり、最大4ヶ月間、脳における細胞の増殖を促進するという結果が出たのです。

イチョウ葉には、認知症や記憶力低下を防ぐ効果が期待されています。

 

たしかに実感はありました

上記の夢のような文言を信じて試してみたのですが、記憶力が増強したのはたしかだと思います。

ただ、根本的な睡魔から解放されることはなく、仕事のポテンシャルは上がっても、相変わらずミスは多いまま…叱責の日々は続き、結局1年ほどで退職しました。

今思えばあの鼻炎はストレスが原因だったのかなと思っています。

 

求めずして得たもの「血液サラサラ」

元々仕事ができるようになって叱責される苦痛から解放されたいと願い、始めたイチョウ葉。

しかして仕事そのものを辞めてしまい、飲む意味を失ってしまいました。それでも次の職場ではしっかり覚えて戦力になりたいと服用を続ける渦中での健康診断でのこと、なんと血圧が96/59!

さらに血液検査の際、看護師さんや担当医の方にも「サラサラですね」と言われてしまったのです。
そうです、イチョウ葉です。記憶力なんて主観的な曖昧なものでなく、客観的に明確な形でイチョウ葉の力をそのとき確信したのです。

血のめぐりに不安を感じる方は是非試してみてくださいね。